カスカラ・ティー

グァテマラ「セイラン農園」のゲイシャ種からつくられた「カスカラ・ティー」です。

コーヒーは、コーヒーの木から収穫された種子を乾燥させ、
焙煎(ロースト)したものがコーヒーになります。

「カスカラ」は、種子を取った果肉と皮を乾燥させて作ります。

イエメンでは、「キシル」と呼ばれており、
ジンジャー、カルダモン、シナモンなどスパイスを入れて飲まれています。

お召し上がり方


作り方はいたって簡単。紅茶を淹れる要領とおなじです。

(1)ポットを充分にお湯で温め、ティースプーン2〜3杯のカスカラを淹れます。



(2)沸騰させたお湯を注ぎ、2分30秒から3分で出来上がりです!



※少し濃い目に淹れて、アイスでも美味しくお召し上がりいただけます。
 お好みでハチミツ・ジンジャーなどを入れたソーダ割りも美味しいですよ!

カフェインが少なくポリフェノールが豊富


コーヒーと比べてカフェインの含有量が少なく、カフェインが気になるときにもおすすめ。
抗酸化作用があると言われる、ポリフェノールが豊富なのも「カスカラ・ティー」の特徴です。

農園情報


●農園名:セイラン農園
●創業:1870年
●産地:グァテマラ チマルテナンゴ県サンミゲルポチュータ
●農園主:ダウリシュ・エチェヴァリーア
●品種:ゲイシャ
●商品:ドライチェリー(カスカラ)
●標高:1000ー1600メートル
●降雨量:4000ミリ/年
●認証:有機認証(JAS, OCIA, USDA, NOP)、バードフレンドリー認証、レインフォレスト認証
●精製:フレッシュパルプをサンドライ

セイラン農園で作られたカスカラ(コーヒードライチェリー)は、
有機栽培されたゲイシャのフレッシュな果肉をそのまま天日乾燥したものです。
ボリビアでは「サルタナ」と呼ばれて、一般的に飲まれています。

価格


1袋50グラム入り 700円(税別)
販売価格
700円(税込756円)
購入数